債務整理の種類によって圧縮可能な金額と手続きが変わる

どういった形で債務者が借金を整理するかによって債務整理の方法は4種類あります。
つまり、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つになります。
どの方法も圧縮が可能な金額はどれくらいなのかや裁判所の手が入るのかどうか等、手続きが変わります。
全方法に重なる点としては一定の期間、信用情報機関に事故情報が登録されてしまい、それが消滅するまでは新しい借金はそう簡単にはできないという事です。

今の時点で発生済みの利息とこの先発生する利息がカットされて返済額を元金だけにする方法が、債務整理の中で任意整理と言われる方法になります。
債権者と談判して、話がまとまったならば、利息をつけずに支払うため支払総額は少なくなり、月に返済する額を小さくすることが可能です。
元金がそのままの額ではこれからの返済が苦しいのであれば、別の債務整理の方法である個人再生によって手続きを行う事になります。

どれくらいの間、信用機関に事故情報が保存されるかというと、概ね5年間と見込まれています。
信用機関というのは、個人の金融情報を金融業者が共有できるようにするため設立されている機関です。
これを使って金融業者はローンやクレジットカードの審査の時に個人情報を確認します。
つまり、住宅ローンを希望しても債務整理をしてから5年未満ならば望み薄になります。

返済に困って債務整理をしようかと考えたら、気を付けておいてください。
出資法を基に、以前は利率が利息制限法をオーバーするような貸付が日常茶飯事でした。
利息制限法の上限以上で出資法の上限未満という金利での貸付がグレーゾーン金利です。

今現在は金利が利息制限法が定める上限をオーバーする場合、不法ということになります。
よって、借金がグレーゾーン金利で行われていた場合、債務整理を行えば払い過ぎとなっていた利息の返還請求ができる場合があります。
これがすなわち過払い金請求です。

普通、もしも債務整理を行うと漏れなくブラックリスト入りだと思われる方が多いですが、債務整理の中で過払い金請求はただ一つブラック入りすることのない方法です。
余計に払っていた利息の返還を受けるだけなので、それで完済という結果になったなら事故にはならないでしょうという話です。
とは言え、発生している過払い金があっても金利の引き直しによって引き続き残債があるとすれば、ブラック入りは不可避です。

もし任意整理で債務整理をしようと考えているなら、債権者が交渉を拒むこともなくはありません。
任意整理は間に司法が入ることなく債務者と債権者が直に交渉をして返済額や期間を決め、返済がされていく方法です。
司法が入らないイコール、交渉を拒否しても法的に債権者は何の問題も無いのです。
よって、債務者がこれまでに返済したことが一度もない等、誰が見ても債権者が不利と思われる状況では和解が成立しない事も考えられます。

申し込みや諸々の手続きが開始されたら、なるべく速やかにけりをつけたいという思いが債務整理を考えている人皆さんの中にあることでしょう。
ですが、借入金の免除ないし減額といった処置が認められるまでは日数もそれなりにかかります。
債務整理がどういった方法で行われるのか、司法書士や弁護士などエキスパートに手続きしてもらうのか、全ての手続きを自分でどうにかするのかなどの条件次第で取られる時間には違いが出ます。

債務整理を行う方法はいくつかありますが、例えば任意整理と民事再生というものがあります。
主な相違は、元金が減るかどうかでしょう。
任意整理をする時は債権者と債務者の間ですり合わせを行って将来利息を免除して返済総額が決められ、月ごとの返済をしていく方法で、一般に元金については変わりません。

それに対し、民事再生では返済計画を立てて裁判所に提出することとなり、それが認められれば減額された元金に対して残りの返済を行っていきます。

ご存知かもしれませんが、債務整理の一種として、債権者に返済を終えた借金のうち利息を払い過ぎていればその返還が請求できるという「過払い金返還請求」があります。
あらかじめこの返還請求をする場合はその当時の借金額や取引の履歴が残った書類がなくてはいけません。
取引履歴を点検することで、利息を正確に算出できるので、払う必要のなかった利息を返納してもらえることになります。
借金に際して保証人を頼んでいる場合は、保証人にまで債務整理の影響が広がります。

どんな影響が及ぶかというのは債務整理の方法次第で、もし任意整理や特定調停なら必要書類の記入をしてもらわなければなりませんが、請求先が保証人になる事はありません。
ところが、個人再生、もしくは、自己破産だと、債権者から保証人への直接の請求が可能となることから、請求された全額の支払いを保証人が代わりに行う必要が生じます。

闇金の無料相談

日記

Comments are closed.